2018-07-19

點閱人次 : 252



2018/07/17

       「台湾証券取引所コーポレートガバナンス 100 インデックス」銘柄の定期審査結果が本日(17-tw)発表され、新たに22銘柄が増加しました。航空運輸業と金融証券株での増加がやや多く、一部中小企業電子株が削除され、審査結果は明日(18日)から発効となります
       台湾インデックス社は本日、「コーポレートガバナンス 100 インデックス」銘柄の本年度定期審査結果を発表しました。新たに追加されたインデックスには、台達化 (1309-tw)、中石化 (1314-tw)、大亞 (1609-tw)、長興 (1717-tw)、東和鋼鉄 (2006-tw)、致茂 (2360-tw)、超豊 (2441-tw)、長栄 (2603-tw)、裕民 (2606-tw)、華航 (2610-tw)、萬海 (2615-tw)、台湾高鉄 (2633-tw)、中再保 (2851-tw)、統一証 (2855-tw)、元富証 (2856-tw)、兆豐金 (2886-tw)、大量 (3167-tw)、群創 (3481-tw)、tpk-ky(3673-tw)、群益証 (6005-tw)、群益期 (6024-tw) 和信義 (9940-tw)の22銘柄が含まれます。
       観察から、新たに追加された株式において、5銘柄が航空運輸業、6銘柄が金融業となっていることがわかります
       そして、削除されたのは、亜聚 (1308-tw)、英瑞 - ky (1592-tw)、生達 (1720-tw)、光寶科 (2301-tw)、台揚 (2314-tw)、智邦 (2345-tw)、佳世達 (2352-tw)、鴻準 (2354-tw)、技嘉 (2376-tw)、偉詮電 (2436-tw)、栄運 (2607-tw)、華票 (2820-tw)、晶技 (3042-tw)、景碩 (3189-tw)、台勝科 (3532-tw)、圓展 (3669-tw)、旭富 (4119-tw)、瑞儀 (6176-tw)、凌巨 (8105-tw)、至上 (8112-tw) 和巨大 (9921-tw)の計21銘柄の株式です。
       一方、日月光 (2311-tw) と矽品 (2325-tw)は、企業合併法に基づき、4月30日、日月光投控 (3711-tw)となりました。また両社が削除されたため、日月光投控が加えられました。
       「コーポレートガバナンス 100 インデックス」は毎年7月、審査が行われ、流動性検査、コーポレートガバナンス評価、3項目の財務指標(1株当たりの純額が額面額を下回っていない、税引後利潤ランキング、売上高成長率ランキング - tw) などのプロセスが実施されます。

ニュースリソース: