2018-03-07

點閱人次 : 332



2018/03/06

proimages/news/news/2018/2018030601.jpg
▲大亜が投資創業した保瑞薬業(bora pharmaceuticals)は2018年2月、1850万米ドル(約5.55億台湾ドル)でアメリカ・ナスダック上場企業のimpax laboratories,inc.傘下の益邦製薬の100%株式を買収したと宣言し、3月6日、工場引継セレモニーを実施。(写真/保瑞薬業提供)

       大亜が投資商業した保瑞薬業(bora pharmaceuticals)は2018年2月、1850万米ドル(約5.55億台湾ドル)でアメリカ・ナスダック上場企業・impax laboratories,inc.傘下の益邦製薬(impax laboratories)の100%株式を買収し、1ヶ月の引継後、本日(6日)、正式に工場を引き継いだ、と宣言しました。保瑞(bora pharmaceuticals)・盛保熙代表取締役会長は、今回の買収案により、保瑞(bora pharmaceuticals)は台湾トップ5の経口剤製薬工場となり、今後、台湾からアメリカへ輸出される最大薬品oemメーカーとして邁進し、製薬業界の台積電(tsmc)となることが期待されます。
       保瑞(bora pharmaceuticals)は、元々、自社台南製薬工場を拡張し、米国fda法規に合致させ、自社研究開発・生産の新薬を欧米に販売する事を計画していました。しかし一般的に、無から有で、新たに工場を建てアメリカfda検査合格までには最低4~5年かかり、経費も最低6~8億元かかります。且つfda要求の人員、訓練、ハード・ソフトウェアシステムの難易度も高く、同業は当初、5年を費やし、16億元かけて工場を建設し、審査合格となりました。
       しかし、今回、保瑞(bora pharmaceuticals)は1年以内に5.55億台湾ドルで同様の使用の薬品工場を取得しました。これにより、保瑞(bora pharmaceuticals)は、中枢神経疾病領域の薬剤の開発技術・臨床研究力を強化し、今後、経営力を成長し、国際業務開拓において、非常に大きな助けとなる、としています。
       保瑞(bora pharmaceuticals)・盛保熙代表取締役会長は、今回の買収案により、保瑞(bora pharmaceuticals)は台湾トップ5の経口剤製薬工場となり、今後、台湾からアメリカへ輸出される最大薬品oemメーカーとして邁進し、製薬業界の台積電(tsmc)となることが期待される、と話しました。また、生産工場をもたないバイオ企業が輸出薬品を益邦(impax laboratories)に生産を委託し、台湾バイオ技術をアメリカ、ヨーロッパに輸出し、共に成長し、バイオテクノロジーの輸出生産地を高めたい、としています。
       財政部関税署の2017年輸出貨物価値統計に基づくと、我が国の薬品輸出総額は約157億台湾ドルであり、内、益邦(impax laboratories)は11%を閉めています。経口剤に年間生産力は約20億錠です。益邦(impax laboratories)は現在、台湾で唯一、薬品をアメリカに販売するためにアメリカfda検査に合格した専業製薬会社です。
       統計に基づくと、2017年アメリカfdaは、政策方式で学名薬の市場進入を鼓舞し、計700以上の学名薬を認可しています。且つアメリカは近年、薬品の製造を専業分業化しており、薬品oem市場は日に日に成長しています。このため、学名薬がアメリカ市場に参入する場合、fda検査工場のoem工場こそが非常に重要な鍵を握る節目となります。
       現在、益邦(impax laboratories)は台湾のアメリカ輸出における生産地は49%を占めており、益邦(impax laboratories)の台湾製薬業における重要性と価値を示しています。また、保瑞(bora pharmaceuticals)は益邦(impax laboratories)を合併後、台湾を基地として、平行または垂直統合で資源を集中し、グループ生産ラインをより多元的に調節し、空間を発展させ、全世界に台湾で製造された薬品を提供するという目標に向け、邁進します。
       法人は、2017年の保瑞(bora pharmaceuticals)の売上は約3.6億台湾ドルで、益邦(impax laboratories)買収後、元の原材料サプライ業務に加え、保守的に見ても最低10億台湾ドルに達します。ここからも、今年の売上はepsと共に大幅成長し、且つ第1四半期に繁栄され、続いて、保瑞(bora pharmaceuticals)の経営成績も爆発的な成長が期待されます。