2017-12-28

點閱人次 : 246

2017/12/27

proimages/news/coverage/2017/2017122701.jpg
       2017綠電発展サミット-風力融資戦略・産業エコチェーン構築国際フォーラムが12月27日に登場し、財務専門家、デペロッパー、設備メーカーが各アングルからオフショア風力発電産業の発展を探求しました。左2は大亜グループ電通事業群・荘博貴総経理(写真/大亜提供)

       2017綠電発展サミット-風力融資戦略・産業エコチェーン構築国際フォーラムが12月27日に登場し、財務専門家、デペロッパー、設備メーカーが各アングルからオフショア風力発電産業の発展を探求しました。左2は大亜グループ電通事業群・荘博貴総経理(写真/大亜提供)。
       華南フィナンシャルホールディングスが主催する「2017綠電発展サミット-風力融資戦略・産業エコチェーン構築国際フォーラム」が27日登場し、財務専門家、デペロッパー、設備メーカーが各アングルからオフショア風力発電産業の発展を探求しました。金管会・鄭貞茂副主委が挨拶を行い、今年は多くのオフショア風力発電フォーラムに参加し、毎回新たな進展があり、金管会も引き続き法規の開放に支援することを語りました。
       大亜電通事業群・荘博貴副総経理も、まず映像でゲストに大亜の「動態海底ケーブル」上の研究成果を披露しました。「動態ケーブル」は波浪発電機などの海上作業プラットフォームと海底の水下固定海底ケーブルに接続し、隨時、波の衝撃を受ける際のプラットフォーム変位応力引張といった過酷な試験に挑戦しています。
       荘博貴副総経理は、「動態海底ケーブル」はすでに33kv海底ケーブルと161kv海底ケーブルの研究基礎において更に進歩している旨を話しました。経済部工業局は海底ケーブルを地化項目の一つに組み込むと同時に、大亜も海底ケーブル工場設立など展開しており、グリーンエネルギーホームのビジョンを実践しています。